ことばブログ

吃音を中心に、「ことば」について心理言語学や認知神経科学の立場からいろいろなことを考えています。

吃音メモアプリ『Hanaso』がリリースされました!

昨日リリースされた吃音メモアプリ『Hanaso』のご紹介です。

このアプリは吃音のあるお子さんをお持ちのナガセサオリさんが始められたプロダクトで、クラウドファンディングによる支援をもとに今回のリリースに至りました。

実はクラウドファンディングの実施にあたりナガセさんより監修の依頼を受け、内容について言語聴覚士として監修をさせていただいたのですが、このアプリのリリースには紆余曲折あり、平坦な道ではなかったので、僕としてもとても嬉しく思っています。

『Hanaso』とは?

吃音メモアプリ『Hanaso』は、現在未就学の吃音のあるお子さんの支援方法として多くの医療機関で実施されている環境調整法やリッカムプログラムで行う、吃音の重症度評定をスマートフォンで簡単にできるようにしたものです。

幼児の吃音臨床を始めて以来この重症度評定は取り入れているのですが、従来の紙ベースでは毎日の記入が億劫になり記録が続かなかったり、記録したものを紛失してしまったりと、様々な利便性の悪さを感じていました。

そんな中でいただいたお話だったということもあり、今回監修をさせていただきました。

『Hanaso』のウリ

このアプリのウリは何と言っても利便性にあると思います。

スマートフォンであれば場所を問わずちょっとした時間に記録作成が可能である他、紙と比べて紛失するリスクも大幅に少ないと言えます。

また、入力した評定(7段階or10段階の数字)は自動で折れ線グラフとなり、症状の経過が視覚的にわかりやすく表示されます。

私は担当しているお子さんについてはデータをExcel等に得点を入力して管理、評価していたのですが、このアプリに記録していただければ、STもお子さんの経過を一目で把握することが可能です。

あくまでも「記録」のアプリです

企画からリリースに至るまで様々な声をいただき、仕様について、またそもそもリリースして良いのかどうか何度も議論を重ねてきたのですが、最大の懸念点はこのアプリを使用することで、お子さんの吃音の「治療」ができると誤解をされてしまいかねない、という点でした。

重症度評定は親御さんがお子さんの吃音の様子を客観的に捉えること、またSTが把握しきれない日常での吃音の様子とその経過を把握するために行うもので、この記録自体が治療になるという訳ではありません

アプリのホームページでもこの点については明文化し、最大限の配慮を行なっています。

もしアプリをご利用中・ご利用予定の方でこの記事を読んで下さっている方がいらっしゃいましたら、今一度この点をご承知おきください。

『Hanaso』を使って欲しい人

前述の懸念点を踏まえ、本アプリは〝すでにSTの指導を受けている方〟及び〝これからSTの指導を受ける予定の方〟を対象としています。

個人的には特に後者の方是非ご利用いただきたいと思っています。

前者については従来の方法をより簡便化するという意味で是非ご利用いただければと思います。

後者の方のついては、今後相談する予定のSTに、それまでのお子さんの様子の経過を客観的に伝えるためのツールとして大きな役割を果たすものと考えています。

幼児期の吃音は症状の波が特に激しく、多くの親御さんがその変化に対してとても敏感になっており、どうしても悪い方に目がいってしまいがちです。

日々の症状の記録をつけることで、お子さんの吃音を客観的に捉えることができるという意味で必要以上に保護者の方が神経質になることを減らすことにも繋がるでしょうし、何より相談先に正しい情報を伝えることができます。

必要としている方にこのアプリの存在が伝わり、多くの方に使っていただけることを願っています。

支援者の皆さまへ

現在吃音のあるお子さんを担当されている医師・STの方々には、是非一度このアプリをご利用いただき、コメント等を頂けますと幸いです。

本アプリの内容に関するお問い合わせは矢田までよろしくお願いいたします。

実際に臨床の現場でこのアプリはどう活かすべきなのか、どこを改善すべきなのか、是非皆様からの忌憚のないご意見をお待ちしております。

お問い合わせは矢田のHPよりお受けしております。

アプリリリースまでに感じたこと

今回のリリースに至るまでに、保護者の方・当事者の方・支援者の方、本当に多くの方からご意見をいただきました。

そんな中、改めて今の吃音を取り巻く環境は大きく動いており、そして様々な立場の方が色々な考えのもとで活動されているのだなあと感じました。

僕個人としては当事者としての活動よりも臨床や研究をしている立場としての取り組みが目立つようになっていますが、一貫して貫きたいと思っていることは〝中立〟であるということです。

色々な主義・主張はあって当然だと思いますが、専門家を名乗る身としてはどの意見にも耳を傾け、議論をすることが大切で、義務でもあると感じています。

今後もこの立場を貫きながら、様々な形で活動していければと思っています。

 

 

『Hanaso』の詳細はこちら

https://peraichi.com/landing_pages/view/ondo-hanaso

 

私はこんな人です.

yasu-yada.jimdo.com

 

吃音のご相談はこちら.

www.online-stuttering.com