ことばブログ

吃音を中心に、「ことば」について心理言語学や認知神経科学の立場からいろいろなことを考えています。

コミュニケーション障害学会に参加しました.

昨日から今日にかけて、岡山県の川崎医療福祉大で開催されてコミュニケーション障害学会に参加してきました。

コミュニケーション障害学会への参加は今年で3回目、筆頭演者での参加は去年に続き2回目でした。

 

 

f:id:stuttering-st:20190512162323j:plain

今回はポスター発表だったのでかなり気楽に参加することができよかったです。

演題は『ICFに基づく多言語環境下における吃音のある児童の評価』で、バイリンガルセミリンガルの吃音のある児童の抱える問題を抽出して、彼らが抱える特有の問題について考えてみました。

私のいる吃音外来には開設以来なぜかバイリンガルセミリンガルの方が多く、一昨年から臨床研究のテーマにしています。

恐らくこれからニーズが増えると思うので、より細かく言語学的分析等も加えて研究を進めていきたいなと思うところ。

 

f:id:stuttering-st:20190512162547j:plain

夜は恐らく今年は共同研究が増えるであろう某ことばの教室の先生(言語オタク?)と懇親会に参加、その後某STさんも合流して打ち上げ。

同年代には吃音に熱い仲間(僕はそう思っています)が多く、学会に参加するたびに臨床や研究の話で盛り上がれるのでとても嬉しいです。

この道を志した頃にはこういう状況は想像もつかなかったので。

心理言語学に強い教員・CBTに熱い医師・学齢期臨床に精通したST・研究に強い臨床心理士・研究ハイスペックST・脳刺激と言語学をかじっているST(僕です)と、各々少しずつ違う分野から吃音に取り組んでいるからこそ、お互いにいい刺激になっていると思います。

いつかチームで研究ができたらなあと常々思っているわけで、そのためにも実績を積まないといけないですね。

ちなみにTwitterにも書きましたが、身内では学会のことをフェスって呼んでます。

今年はシングルリリース2−3枚が目標なので頑張ります。

ちなみに今年の参加予定フェスは神経科学フェス・吃音フェス・音声言語フェスの予定。

同業の方々、是非フェスで見かけましたらお声がけください。

 

 

私はこんな人です.

https://yasu-yada.jimdo.com/

 

吃音の相談はこちらから.

https://online-stuttering.jimdofree.com/