ことばブログ

吃音を中心に、「ことば」について心理言語学や認知神経科学の立場からいろいろなことを考えています。

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

2017年はあっという間に過ぎ去り、慌ただしく迎えた2018年。今年は研究に臨床にやりたいことがたくさん。今年は

・投稿中の論文のアクセプトにこぎつける

・国内ジャーナルに2本以上投稿

・音声言語学会、吃音流暢性学会、神経科学会での発表

を自分へのノルマに、音声実験とfMRI実験を中心に頑張りたい。臨床の方は自分のスタンスを確立して、自分にできることをコツコツやっていきたいなと。大学での吃音相談もできることの幅を最大限に広げていきたい。

自身の吃音の調子はあまり芳しくなく、昔はなかった無声摩擦音での症状が目立つので、なんとか対処法を考えたいな。呼吸法とか発声法とかもまずは自分を実験台にいろいろと試してみたい。

こうやって色々と好きなことだけに取り組めるのも博士課程に在籍している間だけだろうし、今年は結果を出すことにもこだわりつつ、かつマイペースは崩さず頑張ろうと思う。

臨床については吃音のある小中高生と保護者の支援に力をいれたいので、いろいろと模索していきたい。

もう27になる年だし自分の将来とか現実的に考えないといけないけど、考えすぎても何も変わらないので、まずは目の前のことをコツコツと、のスタンスで今年は頑張ろうと思う。

 

どうぞ皆様今年もよろしくお願いします。