ことばブログ

吃音を中心に、「ことば」について心理言語学や認知神経科学の立場からいろいろなことを考えています。

吃音相談を始めました

すっかり久しぶりの投稿。今日は宣伝を。

前々から実現させたかった“吃音相談”を徐々にですが研究活動の一環として大学で

始められることになりました。これに合わせて個人のHPも開設したので、詳しい内容や

お問い合わせはそちらからお願いします。

 

今は週1回、吃音外来にSTとして勤務し吃音の方の検査や訓練・支援に携わることができていて、おかげさまで

うちの外来の存在が少しずつ吃音界隈に広がり始めたのか、主に就学前のお子さんを中心に多くの方が来院してくださっている。

ただ、今年の上旬には考えられなかったくらいに予約が増え、自分の週1回だけの勤務では対応にも限界がきそうなのが正直なところ(今はまだ大丈夫です)。それに、やはり平日の日中ということで個人的に一番支援が必要だと思う小中高生や大学生にとっては受診し辛いのか、受診されるかたはなかなか増えない。そういうジレンマもあり、なんとか平日の夜や土日に吃音の相談を受けられる場を作れないかと模索し、今回のような運びとなったわけです。

 

HPにも書いていますが、あくまで研究活動の一環であり、治療を目的とした医療行為ではなく、原則は継続的な訓練を行うことはしません。基本的には検査をして吃音について客観的に伝えることや、日々の悩みを聞いてアドバイスをすることなど、大したことはできないと思うけれど、受け皿が何もないよりはいいのではないかと思っている。

 

吃音で困っているお子さん、小学生、中学生、高校生、大学生、その親御さんを中心に、受け皿を必要としている人にこの情報が伝わると嬉しい。

 

自分にどこまでできるかわからないけれど、ニーズがあるうちは頑張ってみようと思う。