ことばブログ

吃音を中心に、「ことば」について心理言語学や認知神経科学の立場からいろいろなことを考えています。

吃音メモアプリ『Hanaso』がリリースされました!

昨日リリースされた吃音メモアプリ『Hanaso』のご紹介です。 このアプリは吃音のあるお子さんをお持ちのナガセサオリさんが始められたプロダクトで、クラウドファンディングによる支援をもとに今回のリリースに至りました。 「吃音の子供を持つ家族のための…

就労と吃音 - 前編 -

今日は就労と吃音について。色々と中途半端になっている記事があるものの(最近の吃音界隈〜シリーズとか)今がちょうど就活やインターンの面接時期ということでまずはこの記事から。 今月に入ってから、吃音外来でもオンライン吃音相談でも、就労、特に就活…

研究に参加してくださる方を募集しています!

研究協力者の募集です。 私が所属している研究室では、吃音を含む神経発達障害を有する方及び一般の方の 発話に関する認知神経科学的研究を行なっています。 現在は吃音のある方を対象とした下記2つの研究を行なっており、これらの研究にご協力いただける吃…

コミュニケーション障害学会に参加しました.

昨日から今日にかけて、岡山県の川崎医療福祉大で開催されてコミュニケーション障害学会に参加してきました。 コミュニケーション障害学会への参加は今年で3回目、筆頭演者での参加は去年に続き2回目でした。

引っ越しました

更新したりしなかったりが続いていたアメブロですが、心機一転「はてなブログ」に引っ越しました! 理由はいろいろとあるけれど、記事の内容にもっと幅をもたせたいなあというのが一番。 吃音に関することはもちろん、吃音の研究者・言語聴覚士・塾講師とい…

オンライン吃音相談 -キャンペーンを実施中です-

今月に入ってから、外来の予約やオンライン吃音相談へに問い合わせがかなり増えています。 やはり新年度が近く、それに向けた不安が募る時期なのでしょうか。 特に学生は年度が変わると環境が大きく変わり、自己紹介をする場面が増えたり新たな人間関係が生…

最近の吃音界隈に思うこと -吃音と不安-

久しぶりの『最近の〜』シリーズは吃音と不安について。 ここ数年、成人の吃音臨床においては「不安」というワードが外せなくなってきている。 成人吃音への介入法はかつては主に流暢性形成法という、いわゆる軟起声発声を身に付けることで筋緊張の強い発話…

オンライン吃音相談のホームページを開設しました!

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。 今年は昨年開始したオンライン吃音相談に自分のリソースをかなり注いで行こうと思います。 というのも昨年試験的に初めてみたこのオンライン吃音相談、こちらの想定以上のお問い合わせをいただき、軌…

2018年ありがとうございました!

年の瀬ですね。 簡単に今年の振り返りを。 今年は臨床に研究にとても慌ただしく時間が過ぎてしまい、やりたかったこと・やらなくてはいけなかったことがかなり残ってしまった。 やりたいことが多過ぎて手を出してしまい、やや自分のキャパを超えてしまってい…

最近の吃音界隈に思うこと -吃音は発達障害か -

今日は吃音と発達障害について。 ここ数年「吃音は発達障害か」という議論が当事者や治療者の間でなされている。 これについては色々な立場の人が様々な意見を述べているが、法的には発達障害の1つ、でも当事者の中にはそれに違和感や不快感を覚えている方…

オンライン吃音相談の継続

シリーズ物の原稿を書いたのにアップ前に全て消し飛んでからなかなか書き直しに踏み蹴れない今日この頃。(明日には必ず) 今日は試験的に取り組んできたオンライン吃音相談の現状と今後を書いていこうと思う。 オンライン吃音相談を始めてから約1ヶ月、予想…

吃音のある人がSTになることをオススメしないワケ

今日はだいぶ前の記事“吃音のある人がSTになるということ”で 『「吃音に興味があるからSTになる」という考えの人には、STになることをオススメしない。』 と書いたものの、その理由を書いていなかったので今日はそのことを。 ご存知の通り僕自身が吃音のある…

最近の吃音界隈に思うこと -「科学的」とは -

最近SNSを見ていると吃音の「原因」や「治療」について色々な人が色々な考え・意見を言っているのをよく見る。もちろん「正解」が明らかになっていない以上はどれも否定することはできないが、吃音の研究をしている立場からして色々と思うことはある。特にそ…

オンライン吃音相談について

先日開設したオンライン吃音相談に多くのお問い合わせをいただいています。開始直後から現状を踏まえていくつか変更点があるので、お問い合わせが多い内容と合わせてまとめてきます。 【変更点】・お試し相談の料金改定当初の予定よりも受付枠を多く確保でき…

吃音オンライン相談を開始します.

この度、試験的にではありますが吃音のオンライン相談を始めることとしました。今日はこの取り組みを開始するに至った経緯について少しお話ししたいと思います。 現在吃音のある人は人口の約1%、自然治癒群も含めると7%前後の人が吃音を経験するとされてい…

吃音・クラタリング世界合同会議に参加して来ました。

書きたいことが溜まっているのに更新が滞ってしまった・・・。 先週木曜日から、『吃音・クラタリング世界合同会議』に参加して来ました。この学会は国際クラタリング学会(ICA)、国際流暢性学会(IFA)、国際吃音者連盟(ISA)、日本吃音・流暢性障害学会、NPO法…

吃音×VR

一昨日のこと。先日吃音の治療のためのVRを開発しようとしているという方から連絡をいただき、臨床終わりにお会いすることに。外来のボスも興味を持たれたようで急遽一緒に。線路火災?か何かで電車が大幅に遅延していて、川崎から渋谷まで1時間近くかかる…

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。2017年はあっという間に過ぎ去り、慌ただしく迎えた2018年。今年は研究に臨床にやりたいことがたくさん。今年は・投稿中の論文のアクセプトにこぎつける・国内ジャーナルに2本以上投稿・音声言語学会、吃音流暢性学会、神経…

吃音相談を始めました

すっかり久しぶりの投稿。今日は宣伝を。前々から実現させたかった“吃音相談”を徐々にですが研究活動の一環として大学で始められることになりました。これに合わせて個人のHPも開設したので、詳しい内容やお問い合わせはそちらからお願いします。 今は週1回…

臨床も悪くない

毎週金曜日は吃音外来でSTとして臨床をしているけど、実はSTになるために勉強をしていた学部生時代は、STとして臨床に携わることに全くと言っていいほど興味がなかった。言ってしまえばSTという職業に就きたいとも思わず、ただ吃音のことを学べればいいと思…

宣伝

気づけば10月。夏は忙しくてすっかり更新を滞らせていた。少し落ち着いたのでぼちぼち更新していきます。で、今日は2つほど宣伝します。 《日本鋼管病院市民公開講座 吃音について&座談会》よこはま言友会と日本鋼管病院の共催で、吃音に関するイベントが開…

吃音のある人がSTになるということ

珍しく2日続けての更新。 非常勤先では大抵自身も吃音があることを伝えているが(Dr.が初診時に言ってしまうことが多い)、これが割とプレッシャーだったりする。 臨床の際には最大限自分の発話をコントロールして極力症状が出ないようにしているが(普段の2割…

吃音と脳の関係

書きたいことは沢山あるのに、ここ数日いろいろなことに追われていて記事をまとめられないでいる・・・。 近いうちにしっかりと書こうと思っている「吃音の原因」について、今日は「吃音のと脳の関係」という観点でざっくりと書こうと思う。 臨床を始めてか…

吃音臨床について思うこと。その2

前回に引き続き、吃音臨床について思うことを少し。 前回は小児・成人の吃音臨床について自分が実際に取り組んでいることを書いたが、今回はもう少し一般的なことに触れようと思う。 前回も書いた通り、小児と成人では介入のゴールが違って 小児:吃音症状の…

吃音臨床について思うこと。その1

またまた久しぶりになってしまった投稿。 非常勤のSTとして吃音臨床に取り組み始めて早半年以上、お陰様で少しずつ吃音外来の存在が認知され始めてきたのか、最近は就学前のお子さんからご年配の方まで、幅広い層の方がいらっしゃっている。臨床の経験は乏し…

一区切り

またまた久しぶりの投稿。年始は修士論文の執筆、提出、そして口頭発表と大忙しでした。まあそれもなんとかなり(締め切り1分前に滑り込み)、さらには博士課程の入試もクリアすることが出来、今日無事に修士課程を修了することができました!一応言語学の教…

ゆく年くる年2016

またまた久しぶりの投稿。2016年もあとちょっと。みなさんいかがお過ごしでしょうか。僕は例年通り家族と家で紅白見てます。あ、修論書きながら。笑 今年は修士2年ということで、修士論文に向けた実験やら、学会での発表やら、いろいろと慌ただしく過ぎ去っ…

脱・肩書きだけの言語聴覚士!

3ヶ月ぶり?の更新。今年は修士2年ということで修士論文の執筆とそのための実験に日々追われています。そんななか、ある病院にご縁をいただき、今月から非常勤のSTとして勤務することになりました。これで院生・塾講師・STという3束のわらじです・・・笑修…

こんな研究をしています

またもやかなり久しぶりの更新になってしました。8月上旬は修士論文中間発表会があり、かなりバタバタしていたので(言い訳ですね)。それにしても暑かったり涼しかったり、なんだかよくわからない気候が続いていますねー。こんな時は研究室に籠もるのが一番…

なんで塾講師に??

さて、今日は吃音者である自分がどうして塾講師という喋る仕事をバイトとして続けているのか書こうかなと思います。もともとのきっかけは、自分が小学4年生から大学受験まで通っていた塾の影響です。その塾は、経営されている方を除いたほとんどが大学生・大…